2015年12月23日水曜日

お金の使い方と信用情報の重要性の話

※本記事はFUN Advent Calendar 2015の23日目の記事です。

○はじめまして。

いつもだとツイッターとかG+経由で見てもらってると思いますが、今回はAdvent Calenderの記事ですので自己紹介を。

・「メカヲタ。」:メインで使ってるハンドルネームです

Twitter→ https://twitter.com/mecaota
Tumblr→ http://mecaota.tumblr.com
Qiita→http://qiita.com/mecaota

・「pitoru」:ゲーム内でよく利用しているハンドルネームです。

Twitter:https://twitter.com/pirapitoru

どちらも同一人物です。ご安心ください。
公立はこだて未来大学 B2です。
キャッチコピーは「家電・新幹線・写真・パソコン・プログラミング・自作・土木建築・ゲームなどなど「広~く浅~く層状に。」多趣味のメカヲタ。」


※以下、未来大を本学とする。文体が途中からおかしくなるのはご愛嬌。



○お金とは

お金とはなんでしょうか。偉大なるwikipediaさんによると
Wikipedia-通貨-
通貨(つうか)とは、流通貨幣の略称で、国家などによって価値保証された、決済のための価値交換媒体。政府租税の算定にあたって通貨を利用する(法定通貨仮想通貨地域通貨)。
まぁ、モノやサービスの対価として支払う価値と同等に値するものをお金、通貨と呼ぶみたいです。

さて、今回の記事ではこれについて、一部本学生に対して持つ疑問点をちょっと投げかけていこうと思います。



○お金の使い方がおかしい

見事なブーメランで、自分も節約したお金でいくらでも欲しいガジェットを手に入れているので大々的に言えない話題ですが、まぁそこは目を瞑れください。



・バスカードの話

2017年辺りまでにICカード導入するとかしないとか
最近は雪がポツポツ降るようになってきたのでバスを利用しますが、「なんで本学生はバスカードの普及率こんなに低いんだ」と思わずにはいられないのです。

本学前のバス停ではこの路線を使う8~9割くらいの人が下車しますが、それの半分近い人が現金で運賃箱に投入します(しかも両替もこの時にやるので時間がかかって仕方がない)。

本学生協売店では、9990円分乗れるバスカードが7000円で販売されています。2990円分おまけがついてくるので約4割も多く払ったお金よりバスに乗ることができます。

未来大-函館地方気象台の運賃は190円。これを計算すると 9990 / 190 = 52.578
大体52回乗車できます。未来大とヤマダ電機函館本店をこれ一枚で26往復できるということです。
週3回バスで大学に行くとしても2ヶ月半で使い切る。週1回だけでも半年でほぼ使い切れる。
ほとんどバスに乗らない人でも1枚は持ってたほうが絶対得します。食費ケチってカップラーメンばっか食べるより、節約するならこういうところから節約するべきなのではないのか?と思います。

もしバスに毎週乗るのにバスカード持ってない本学生さん、新入生さん、ぜひ買いましょう。



・生協電子マネーの話

そもそも生協でばかり買い物する時点で節約もないと思うのが持論
昼ごはんによく生協で弁当やらパンやら買いますよね。その時に生協カードを使わない人が本当に多いのです。生協に加入していないのなら話は別ですが(そもそも本学は生協なので本来は生協に加入してないと買い物できないはずなのだが)、生協に加入しておきながら生協カードを使わないのが勿体無い&タイムロス。

そもそも、電子マネーの導入意義は
Wikipedia-電子マネー-電子マネーの使用は、紙幣と硬貨の使用によるわずらわしさ(釣り銭のやり取りなど)から買い物客や店員を解放し、決済の迅速化・確実性の向上が期待できる。
というわけで、レジ通過速度向上が主な目的です。大学生協はどうしても需要が特定の時間帯に集中してしまう。そんな中でみんな現金でやり取りしてたら講義に間に合わない。そこで導入されているのかなと。
おまけにこの生協電子マネー、10円で0.1ポイントと、単純なポイント還元率では1%とラクテンカードマーンで有名な楽天カードやセブン-イレブンのnanacoと同率のポイントが付く。しかし、10円単位でポイントが付与されるので、ポイントは貯まりやすいです。
更に、学期始めだと大抵入金額が+5%増えるキャンペーンが行われます。こういったのも活用すればかなり得します。

ポイントも貯まるし、レジの精算も早い。ぜひ生協電子マネー活用しましょう。



・気づいたこと

上記の内容を踏まえて思ったのが、「全て先に投資した結果得する」ということです。
本学生に限らず、どうしても一人暮らしをすると貧乏暮らしをしてしまうのであろう。そこで気になるTogetter記事がありました。

http://togetter.com/li/304874

貧困層は、その場しのぎで暮らそうとしてしまうので結果的に高い買い物をしてしまうという趣旨が呟かれていました。完全に納得した。

そう、学生はお金が少ない。はがない。

それ故にスーパーで買い置きしたカップ麺などを買わずに生協で毎日買うのだろう。そういうことだろう。
この考えに関してはお金に余裕ができてこないと転換できないものなのでまぁ†意識を高く持って†行きましょう。



○信用情報の構築

正直ココが本題なのになんで長々と書いちゃったんだ・・・これでも分結構削ったんよ・・・

皆さんクレジットカードはお持ちですか?あら、お持ちでない??
今ならカードご入会でティッシュボックスとギフト券をプレゼント!!年会費も無料ですしさらっと作っていきませんか?

という勧誘文句に誘われてとりあえず申し込んじゃったテヘペロみたいな人もいるのではないでしょうか???え、いない???ああそう。


学生だけどまだクレジットカード持ってない人、とりあえず持っておくのをおすすめします。

18歳になり高校を卒業するとクレジットカードの申込ができるようになります。通販とか某ゲームプラットフォームサイトで買うときに非常に便利だったり、帰省するときの切符買うとき親の金を建て替えたりとか出来て便利だったりします。
正直クレジットカードがなくても生活は普通にできなくはないです。

しかし、クレジットカードがないと将来的に困ることがあるかもしれないのです。そこで実際に自分の「信用情報照会情報」を元に説明します。



・クレジットカードの場合

いやぁここまで個人情報だらけのデータ無いよなぁ
入金状況以外をすべて白マスクしてます。具体的なデータについては携帯電話の項で説明します。
この信用情報照会、この書類1部発行するだけで1000円も取られます。しかもクレジット払い限定。

ちなみにこの「契約内容」の上に住所や氏名、電話番号などがすべて記載されています。
クレジットカードを持つと、こういった情報が信用情報機関に保管されます。マイナンバー以前から既に個人情報が†機関†の手によって管理されていたわけです。

例えば、ここの「<入金状況>」というところを見ると、「状況」と書かれた欄の中に$マークが書かれています。これは「正常に入金されました」を示すマークで、ここでもし延滞があるとAとかCとか別の文字やマークが書かれます。これがあると大変。「この人金貸したら返すの絶対遅れるタイプのやばい人だ・・・金貸さんでおこ・・・」と金融会社が思ってしまうので、クレジットカードの延滞は水道代とか電気代の延滞とは比べ物にならないほど気をつけなければなりません。

また、この紙の右上「<割賦販売法の登録内容>」という欄にはクレジットカードでの分割払いやリボ払い、キャッシングの残り残高が記録されます。ここが昔はガバガバだったので年収ギリギリでもお金の貸出が行えてしまっていたわけですが、今は貸金法の改正で総量規制が敷かれ、年収の3分の1までしか分割・借り入れ等が出来ない仕組みになっています。

貸金業法について:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html



・携帯電話割賦契約の場合

信用情報照会して一番びっくりしましたねこれ
また、実は以外にも携帯電話をキャリアから購入・利用してる人はその携帯電話の支払状況までこれに記録されます。

高校生の頃、庭でガラケーからiPhone5へ機種変更した時の情報が記録されていました。でも親に払ってもらっていたので自分は何も払っていません。にも関わらず自分名義で信用情報として記録されるので、もし親が延滞を起こすと親の信用情報どころか自分にも傷が付くのです。
コワイヨノナカネー。

ちなみにこの情報からわかるのは
・KDDI(au)で契約している
・自分が買った(買ってもらった)携帯電話機種は5万2千円くらいしたこと
・月2千円ほどを24分割で払ってたこと、今はもう完済済みなこと
・過去2年間で延滞は一度も無かったことがわかります。
・この情報は平成32年まで消えないこと

が分かります。もしも延滞起こしたら完済し終わっても5~6年は記録に残るということですね。



・信用情報が壊れたら

壊れるゥ~

例えば、カード支払いや携帯電話支払いで滞りが合った場合。
クレジットカードや携帯電話の契約には実は審査があります。この審査の際に

「こいつ延滞してやがんのwwwwうちと契約したらどうせまた延滞してうちの利益減らされるだろうし、じゃけんリジェクトしましょうねーポチーwwww」

となって、最悪携帯電話やクレジットカードの契約ができなくなる恐れも。



・信用情報怖い・・・信用情報怖くない?

実際怖いけどね
「信用情報怖いやんけ!クレジットカードなんて持ってのほかやんけ!!」と思った方。違うんです。

これ、もしこの信用情報の紹介したら真っ白だったらどう思いますか?
あなたが採用係になった時、面接に来た人の履歴書の職歴が真っ白だったらどう思いますか?それも30代後半とか。

「あれ、この人高校・大学卒業した後何してたんだ・・・まさかニート?アラサーにもなって仕事したこと無いとかやばそう・・・」

となって、落としたくなりませんか?もし他の候補に前職でけっこういいところに勤めてた人がいたらなおさら。

つまり、信用情報というのは「悪い情報が記録されるのもダメ」「一切情報が書き込まれないのもダメ」なのです。この信用情報の履歴をクレジットヒストリー、カード界隈では略して「クレヒス」と呼んでいます。クレヒスは大事です。

もし信用情報である程度実績を築かない場合、将来家族が出来て自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなんかを組む時にローンが組めなくなる恐れが出てきてしまうのです。
将来ローンを絶対組まない自身がある方はどうぞ好きにしてください。



・なんで学生のうちにクレジットカードなのか

学生のうちにクレジットカード持つのを勧める理由は上記に書いたとおりでだいたい察しはついてくるかと思いますが、それ以外にも理由があります。

それは、「学生特権でよほどのことがない限りクレジットカードの申込が通るから」です。

学生はすなわち、これから社会人になる人。つまりこれからの顧客です。また、学生のうちはまだ親の脛をかじって生活するので、「親」という担保がある。。それ故にカード会社は将来性ある顧客の囲い込みに必死なので、クレジットカードの申込が容易に可能です。

また、学生のうちは大抵の場合カードの利用枠が一番低い額で発行されます(航空系や大学生協カードなど一部を除く)。これは総量規制の割賦利用枠を低く抑えこんでおくことにも繋がり、将来ローンの申込や分割契約を行う際に審査落ちの可能性を減らすことにも繋がります(高度なことなので大抵の人は気にしなくていいです)。



・まとめ

・信用情報の管理は大事
・”クレヒス”を育てるために今のうちからクレジットカードを使って慣れることが必要
・クレジットカードも学生特権で発行出来るので作るなら今のうち



○学生におすすめのクレジットカード

お ま た せ
今函館にリブランドによってやっと進出を果たした某大型総合スーパーというかモール内でカードを申し込んでもらうお仕事をしています。クレジットカードがよくわからないとか申込方がわからない方は対面で丁寧に受付しますのでぜひ土日にお店まで足を運んでください。

という茶番は置いといて、利用形態に合わせて下記のカードをおすすめします

・無難に有名ドコロのカード→三井住友VISAデビュープラス
ポイントが1000円で2ポイント(10円相当)が貯まる。ポイントは色んなポイントやギフト券へ交換可能。年1回利用で年会費無料。


・帰省の時によくJALを使う→JALカードnavi
JALマイルが通常より多くたまり、通常より少ないマイルで航空券へ交換ができます。在学中年会費無料。


・帰省の時によくANAを使う→ANA学生カード:
ANAマイルが通常より多くたまります。在学中年会費無料。

・Amazonでよく買物をする→AmazonMastercard
アマゾンで買い物すると1.5%ポイントで帰ってきます。Amazon以外でもMastercardで払えるお店で1%ポイントが貯まり、貯まったポイントでAmazonで買い物出来ます。年1回利用で年会費無料。

・楽天でよく買う、ラクテンカードマーン→楽天カードアカデミー
どこでも100円で1ポイント。電子マネーEdyやRポイントカード機能付き。年会費永年無料。

・ローソンによく行く、じゃらんやヒットペッパーなどリクルートのサービスをよく使う→リクルートカード
1.2%pontaポイントが貯まる。年会費永年無料。

・ローソンによく行く、ドコモユーザー→dカード
1%dポイントが貯まる。電子マネーiD機能付き。iD決済でローソンで常に3%引き。年1回利用で年会費無料。

ざっとこんな感じです。なんか良さそうと思ったカードがあったら年会費やポイント特典を公式サイトでよく確認したうえで申し込んでください。20歳未満は親権者同意が必須となります。ご注意ください。

ちなみに私はリクルートカード使ってnanacoでポイント2重どりしたりQUICPayを便利に使ってます。毎月1000ポイント安定して入るので強いです。





それではノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿