2014年6月23日月曜日

日本のクレカの非接触決算のお話

結局昨日チェーン洗浄の話を載せることは無かったわけです。
やっぱりブログ用に記録写真を撮るのが習慣づいてないのよねー。ツイッターに上げる時にその場で撮って即投稿が定着してて、ツイッターネタにしないものは撮るのを忘れてる。それにチェーン洗浄も何もわからないままやってみてるから写真について考えてる暇なんてなかったんだ…いつもやる行動なら記録写真やるんだけどね。多分慣れてる行動だとどこで写真記録しとけば便利か分かるんだろうな。そのせいさたぶん。それに、写真をパソコンに移すのもめんどくさい。iDropとかいう使いこなしたら嘸かし便利そうな機能があるけどWindowsでは使えない。これはあれか。Macを買えとのお告げなのか…
てか、何よりNFCでデータ転送出来れば最高に楽チンなんだけどねぇ…Jetなんとかいうソニーの規格とかあるけど、国際規格のNFCなら対応機器多いし。でもiPhoneはそもそも付いてないんだよね。iPhoneのNFC対応マジはよ!

それでは、NFCということで、VisaのPayWave及び増すMastercardのPayPassの話をしましょう ※ここから本題です

海外の一部で試験運用されていた「PayPass」と「PayWave」が、最近の流れに合わせて日本でもついに非接触決済システムがガラパゴス化していたVisaTouchからPayWaveに置き換わることになったようです。既に函館朝市エリアでは海外客の需要に合わせてPayWaveを採用していました。日本でもついにPayWave対応のクレカが出て来てるみたいです。将来的にはスマホでも決済出来るようになるんでしょうか。いやーiPhoneにしてから卒業してたおサイフケータイも、また戻れるのかな!

今までも非接触決済が出来ていましたが、これはVisaTouchあるいはsmartTouchという日本独自の決済システムだったんです。
これらは全部ソニーのFelicaを使ってるんですよね。そもそも、このFelicaは日本の鉄道駅における改札事情に合わせて極限まで処理を高速化させた非接触ICチップなんですね。これのおかげで改札にかざした瞬間「ピェピェ♪」って音がなるんです。
ですが、今叫ばれてるのは「NFC」というもの。NearFieldConectテクノロジーとかいうやつの頭文字(たしか)で、ようするに「近接通信」のことです。これがISOで規格が制定され、FeliCaもそのNFCの一つとされたのですが、なんせFeliCa自体高速化されたソニー独自規格。互換性は無いのです。よって、世間ではAndroidがNFCをサポートしたことをきっかけに世界的に非接触決済はNFCを採用していく傾向にあります。そこで日本のおサイフケータイもNFCへの対応を検討し始めているみたいです。電子マネーの楽天Edyを運営する楽天はNFC化する試験運用をしてるみたいです。
VISAやマスターカードは海外ブランドなので海外開発のシステムを輸入して使えますが、JCBは日本発のクレカなので、まだNFCを用いた非接触決済システムは持っていません。楽天Edyのように、これから試験運用とかして変わっていくかもしれませんね。
NFCへの対応が進むと海外向けスマートフォンでもおサイフケータイみたいな払い方が出来るようになると考えるとwkwkが止まりません。

ただ、鉄道カードはNFC対応にはほぼ確実にならないでしょうね…日本の改札にNFC規格だと通信が遅すぎるので。ま、Suicaのカードフェイスが好きなんで全く問題無いですけどね!

さて、書かねばという使命感を元にグダグダなクレカの非接触決済事情を書いてみました。こんな具合にある程度更新頻度あげられたらなぁと思います。

P.S.スマホで文書くとまともに推敲出来ないから文章メチャクチャぁ!

2014年6月22日日曜日

多趣味日記-Re:write-

(なんかツイッターでブログの流れになって晒されて、更新せねばという使命感に襲われたとかそういうわけではない)

初めましての方初めまして。機械ヲタク。改めメカヲタ。です。

この度、大学に入ったのを機にブログを再開設しました。プログラミングを上達させるのにもこういう備忘録書くのとか大事らしいですし、とても便利だと思います。(それにそのうちアフィリで小遣い稼ぎとかウェヒヒ)

まぁ、いろんな話題書いていきます。ただ、政治ネタは以前大変なことになった経緯があるので政治ネタは抜きにします。ツイッターでごくたまに愚痴ってるので Twitter@mecaota でフォローどうぞ。

それでは、今日はここまで。